アートとファッション、ヨガ、旅ーモダンなクロコダイル・レザー小物のMIKE(ミーク)

MIKE(ミーク)のブログ DORILOG

https://mike319jp.net

ファッション ヨガ

自分だけの『聖域』を持つということ。

投稿日:

ちょっと私的なつぶやきにも似た記事になります。

『40代は「人生の土台」を創るとき』という光野桃さんの記事を読みました。

ちなみに光野さんは現在60代。

一生に一度、人生のなにもかもが変わっていく、さながら明治維新のごとき動乱期を生き抜く、サムライのような時期があってもいいのかもしれない、と。

なぜなら、それから20年が経ってみると、40から先の人生すべての土台は、この時に作られているということがわかるからです。

能力や秘めている力を知る。限界も知る。そしてそれまでの人生ではなかった「諦める」ことも知り、と同時にまだまだ再生力があることも知らされるのが40代です。

 

~中略

 

社会の中ではなく、心の中にだけ存在する、あなただけの「平安のサンクチュアリ(聖域)」をもつのです。

それはなんでもいい。音楽でも、本の中の言葉でも、一対のピアスでも。

条件は、社会という規範で判断しない、されないものである、ということ。

40代は社会性の嵐に巻き込まれる季節でもあるので、その圧に屈しない、別次元のスペースを心のなかに持つことが必要なのです。

そこでは冷静になれ、素の自分に戻ることができる。傷も癒せる、夢も見られる。そんな場をしっかりと作っておくことが大切です。

40代、最中の私にとっては、刺さる言葉の数々。

これは何も、40代でなくても、ひとそれぞれいつ感じるか、で変わってくるのかな、と思います。

まあ、一般的に80歳まで生きるとしたら、40歳で折り返し地点。

あと半分もある!と思うか、あと半分しかない。。と思うか。

それまで自分が何をしてきたか、これからどうやって生きたいか。

色々と考える時期でもあります。

 

私自身、30代終わりまで会社員としてひたすら働いて、その後独立。

決して順風満帆ではなかったけれど、なんとかもがきながら生きている。

サラリーマンを辞めたその後は、本当に悩みの連続、学びの連続です。

それは今も続いているし、これからもきっと続くんだろうな。。と。

 

自分の能力を知り、諦めることも知る、再生出来る力にも気づく。

少々切ないですが、まったくその通りだなと感じます。

何かを手放すと、何かを得る。と実感もしていますし、日々学び続ける事の大切さも、しみじみと感じています。

がむしゃらに働いていても、例えば、家族の問題で打ちひしがれる時があっても、

心の中に、自分だけの聖域・・を持っていること。

それに救われて、人生が豊かになる、楽しくなる、そんな何かがある人は、

きっと何が起きても幸せを見いだせるだろう。と思います。

 

ヨガは私にとって、聖域。(となりつつある、と言ったほうが正しい。)

単なるエクササイズ、運動不足の解消目的から、今は生きる指針というか、

今後の人生の柱ができたような。

何も考えずにただ自分と向き合う。ただ委ねる、ことの心地よさ。

 

ファッションももちろん好きです^^

ただ以前と比べて、嗜好はかなり変わってきました。

これもヨガの影響かと、いや絶対そうなんですが。^^;

心地いい素材重視であったり、ゆったりとしたシルエットであったり。

自分を必要以上に、背伸びさせたり、いかつく、尖がったりさせることも不要。

使い捨てのものは避ける。長く使えるものを厳選する。

若いころから、『本物志向』に憧れていて、いわゆる『定番』と呼べるものを

少しずつ身の回りに増やしていきたい派(笑)だったのですが、

それを自然に感じるようになれたこと。無理して、ではなく。

 

 

とは言っても、光野桃さん曰く、まだ”明治維新のサムライ”のような時期の私。

まだまだ失敗も許されるし、挑戦も勉強も、発展・進化も全部これから。

”別次元の自分だけのスペース”を持ちながら、この先も七転び八起き!

 

 

-ファッション, ヨガ

Copyright© MIKE(ミーク)のブログ DORILOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.