アートとファッション、ヨガ、旅ーモダンなクロコダイル・レザー小物のMIKE(ミーク)

MIKE(ミーク)のブログ DORILOG

https://mike319jp.net

知ってると「へーっ♪」な革知識

エキゾチックレザーの種類 ①

投稿日:

こんにちは、ミークのミドリです。

今回は、ショップでもメインで扱っているクロコダイルを筆頭に

「エキゾチックレザー」と呼ばれる皮革のお話です。

 

エキゾチックレザーとは、一般的な皮革と違い、
クロコダイル、パイソン、オーストリッチ、
リザード、スティングレーなど、
特殊な皮革のことを表す総称です。
希少性が高く、高価なプレシャスレザー。

 

クロコダイル

クロコダイルと呼ばれるワニ革は、
主にスモールクロコ、ナイルクロコ、ラージクロコ、
サイアムクロコ(シャムワニ)の4種類だけ
まさにワニ革の最高峰といえます。

クロコダイルの特徴は、なんと言っても丈夫。

年月を経ると共に、独特の風合いが増してきます。

通常、牛革などの革は、製品の角やヘリが擦れて下地が見えてきたりしますが、

クロコダイルはほとんどそのような劣化はありません。

ただただ、艶が増し”味”が出てくる。そんな革です。

 

パイソン

=蛇ですね。
”ダイヤモンドパイソン”が有名です。
白黒の模様がダイヤモンド柄に似ていることから、この名前で呼ばれます。
カラーパイソンは、染色しているものです。

パイソンは、うろこが独特の特徴です。

よく”うろこが立つ。”と言いますが、うろこの端がめくれているような状態。

でもこれは、革そのものの特徴で、

通常、そこから表面がはがれてきたりすることはありません。

革は薄く(当たり前ですね・・^^;)、軽い!

仕上げがツルッとしているグロス加工から、しっとり滑らかなマット加工まで、様々。

ちょっと見、ハードな印象ですが、すっごくお洒落。

白黒のトーンが気になる方は、カラーパイソンもいいですよ♪

 

 

ガルーシャ(スティングレイ)

英語でスティングレイ、仏語でガルーシャと呼ばれ、
アカエイの革を加工したものです。
スティングレイの特徴である、白い斑模様の部分は、
光を感知する器官で、”第三の目”、”神の目”と言われています。
アジアでは、幸運の"ラッキーフィッシュ"と親しまれています。

そして日本でも、古くから所縁のある革なのです!
美しさや耐久性の高さから
1000年以上の昔から、刀の柄や兜などの
武具の装飾にも使われてきました。

革の表面は、カルシウム。
なんと、人間の歯と同じ成分です。
そのため100年、200年もの耐久性があると言われています。

 

ガルーシャの革は、革の中でも一番!耐久性があります。

発色もキレイで、しかも退色もほぼしない。

海を泳ぐエイの皮をなめして使おう!と考えた人を尊敬します。^^

 ←エイって感じ。分かりますか~?

 

以前は、ゴツゴツとした表面のものが多かったのですが、

今は、グレージング(磨き)をかけて、表面をつるつるに加工しているものも多いので、

クセもなく、上品な佇まい。。

カラーリングがキレイなので、女性にも人気です。

 

こんなバングルにしたり。

エイ革のもうひとつの特徴は、水分に強い!汗にも強いんです。

だから、バングルで使用しても安心なのですよ。

 

小物はいいのですが、大物になると・・・

重い。。

唯一のデメリットでしょうか。^^;

 

まだまだ希少レザーの種類はあります。

長くなるので、②に続きますー。

 

-知ってると「へーっ♪」な革知識

Copyright© MIKE(ミーク)のブログ DORILOG , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.